7th-E-Life by Craftplus

2019.12.18

コーデュロイ

凹凸のある独特の素材感と柔らかな手触り

ストレッチ性もあり、車内のハードな使用にも耐える生地

アパレル業界ではジャケットやパンツなどに使用されるコーデュロイ生地。ビロードのような光沢と触り心地の良さのある、表面に凹凸のあるこちらの生地。日本では1960年代頃に、アイビースタイルなどアメリカのファッションカルチャーを代表する素材として広まったこのコーデュロイ。生地表面を覆う毛羽立った畝が空気を包み込んで保温性を高めることから秋冬の衣服に重宝される生地でもある(日本ではコール天と呼ばれたりすることも)。かつては黒板消しやレコード拭きにも使用される身近な存在だから知っている人もきっと多いかも。

コーデュロイは表情豊かな風合いと上品さもありニット素材との相性が良く季節感を演出する意味でも多用され、そのファッションとの相性の良さから実はオシャレ好きな人にはオススメしたい生地でもある。カジュアルを代表する素材でありながらもベルベットのような上品な風合いも楽しめるこの生地を車内に持ち込むことに関しデニム素材を、車内のインテリアとして持ち込み、それをトータルコーディネイトしたクラフトプラス。

クラフトプラスとして用意しているコーデュロイ生地はブラウン、キャメル、カーキ、ネイビーの4色。意外にストレッチ性もあり体を包み込んでくれるその独特の触り心地はクセになる。何よりも寒い季節に車内に乗り込む際のあのヒンヤリとした冷たい生地感がないのは嬉しい。畝のような凹凸のあるディテールが空気を取り込み、しっかりと保温してくれ車内をリラックス空間に変えてくれる。